個人情報について

秘密の保持について

  1. 当該事業所の従事者は、正当な理由がなくその業務上知り得た利用者及びご家族の秘密を漏らしません。
  2. 当該事業所の従事者であったものは、正当な理由がなくその業務上知り得た利用者及びご家族の秘密を漏らしません。
  3. 事業者は、利用者の医療上緊急の必要がある場合又は介護サービス計画の作成上必要がある場合に限り必要な範囲で利用者又はご家族の個人情報を用います。

個人情報の使用に係る事項

使用目的
  1. グループホーム青空倶楽部のサービスを受けるにあたって、ホーム内で行われる職員会議及び担当者ミーティングにおいて、利用者の状態、家族の状況を把握するために必要な場合。
  2. 上記1の他、介護支援専門員または他の介護サービス事業所との連絡調整のために必要な場合。
  3. 現にグループホーム入居中で、利用者が体調を崩しまたは怪我等で病院へ行ったときで、医師・看護師等に説明する場合。
  4. グループホーム青空倶楽部の質の向上、認知症高齢者の社会的立場の確率を目指す広報誌及びホームページにおいて写真を掲載する場合の可・否はご入居時にご本人又はご家族に確認致します。
使用する条件
  1. 個人情報の利用については、必要最小限の範囲で使用するものとし、個人情報の提供に当たっては関係者以外のものに洩れることのないよう細心の注意を払います。
  2. 個人情報を使用した会議、相手方、個人情報利用の内容等の経過を記録します。

このページのトップへ